水素水(酸化還元電位を計測すると、溶存水素量の目安になるでしょう)とは、すごくたくさん水素分子が含まれている水の事をいいます。水素は元素の中で最も小さく、私達の体を構成している元素の中では3番目に多いとされているんです。水素が体に良い事は、近頃の研究でわかっており、もちろん、水素が溶けている水素水も体に良いと言う事ですね。では、水素水(ボトリングされる時には水素が含まれていても、徐々に抜けていってしまうものです)はどんな風に体によいかもしれません。私達の体は、体に有害な物質である活性酸素(過酸化水素、スーパーオキシド、一重項酸素、ヒドロキシラジカルなどの総称をいいます)を分解して除去するために、SODやカタラーゼと言った酵素群を備えていることでしょう。しかし、これらの酵素(生物の体内でタンパク質を元にして作られています。全ての生命活動に不可欠な物質です)群、悲しいかな年齢とともに減っていくようですよ。その際に、必要であるのが水素を補給する事。一般に抗酸化剤や抗酸化食品というものを摂取したりしますが、実はこれらは水素が含まれたものなのです。水素は、活性酸素(活性酸素の害から体を守ってくれると考えられているのが、スカベンジャーとも呼ねれる抗酸化物質です。加齢に伴い体内で作られる量が減るので、食物やサプリメントなどで補うことも大切ですね)が体内のDNAや細胞を酸化・損傷する前に、活性酸素(活性酸素の害から体を守ってくれると考えられているのが、スカベンジャーとも呼ねれる抗酸化物質です。加齢に伴い体内で作られる量が減るので、食物やサプリメントなどで補うことも大切ですね)と結合して水に変わり、体の外に排出されるのです。その上、水素のすごいところはこれだけではありません。活性酸素(老化や生活習慣病の原因とも考えられており、免疫機能として働く一方で、体のあらゆる部分に深刻なダメージを与える可能性があります)には、スーパー(近年ではセルフレジを併設しているところも増えました)オキシドアニオンラジカル、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、一重項酸素の4種類があって、人体に有害なのはヒドロキシルラジカルです。水素はこのヒドロキシルラジカルのみを除去し、体に必要なスーパー(近年ではセルフレジを併設しているところも増えました)オキシドアニオンラジカルや過酸化水素とは反応しないのです。水素は、先に述べたとおり、抗酸化剤や抗酸化食品でも摂取出来ますが、これらは活性酸素(ストレス、紫外線などで増加し、老化の原因になるといわれています)を除外する過程で自らが酸化物質に変わりてしまうはずです。でも、水素水ならそのようなことはありません。安心して飲める身体に良い水、それが水素水(酸化還元電位を計測すると、溶存水素量の目安になるでしょう)といえると思いますー